親が遺す不動産いちばん賢い対処法ズバリ! (単行本)

親が遺す不動産いちばん賢い対処法ズバリ!
著者 松浦建二
ジャンル ビジネス > 法律
出版年月日 2013年03月21日刊
ISBN 9784799101711
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,500円+税
フォーマット 価格
単行本 本体 1,500円+税
電子書籍 -

目次

第1章 相続不動産を取り巻く厳しい時代を理解する
第2章 地方や郊外にある「実家」を相続するベストな方法とは?
第3章 「土地」や「賃貸用不動産」を相続した場合にどう対応すべき?
第4章 ほかの人はこうして対応している ケース別の事例紹介

内容

現在、40代、50代の働き盛りのサラリーマンには、意外に地元に団塊世代の両親が保有している不動産があり、すでにそれらの相続が始まっています。 不動産を持たない人からすると「うらやましい」という感じですが、当の本人たちは意外にも不安を感じていることが多いもの。たとえば、固定資産税や貸家のリフォームの新規投資について、あるいは「売っちゃったらやっぱりダメなんだろうか?」「そもそも田舎の資産価値が少ない不動産にはどんな選択肢があるの?」と、その不安や疑問は尽きません。 そこで、大手住宅会社や外資系企業に勤めた後、ファイナンシャルプランナーとして独立という珍しい経歴を持つ著者が、さまざまなケース別に相続不動産への賢い対処法を徹底解説。読者の疑問や不安を解消する一冊です。