発達障害の子に「ちゃんと伝わる」言葉がけ (単行本)

日常生活の「できる」を増やす伝え方のルール

発達障害の子に「ちゃんと伝わる」言葉がけ
著者 佐々木正美
ジャンル 教育 > 保育ライブラリー
出版年月日 2015年01月25日刊
ISBN 9784799103753
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,400円+税
カートに入れる
フォーマット 価格
単行本 本体 1,400円+税
電子書籍 -

目次

1 発達障害の子が、何度言っても「わからない」理由
2 もう叱らなくても大丈夫。「ちゃんと伝わる」言葉がけのルール
3 日常生活の「できる」がどんどん増える言葉がけ
4 「その子らしさ」を大切にする子育てを

内容

発達障害の子は、目に見えない〈話し言葉〉を聞き取るのが苦手です。そのため、言葉で言って聞かせようとしても伝わりにくいことがよくあります。本書では、「朝の支度を次々とこなせない」「食べものの好き嫌いが多い」「何度注意しても同じことをやめない」「口ごたえが多い」など、大人がイライラしがちな発達障害の子の問題行動ごとに、適切・不適切な言葉がけの例を挙げ、どのように言葉をかけたら伝わりやすくなるのか、自尊心を傷つけずに「できる」ことを増やしていけるのか、といった疑問に答えます。困ったとき参考になる、お母さんの体験談付き。

著者プロフィール

若い保護者と話す時、自分の経験談だけでなく、佐々木正美先生の本にこうのっているよと話せるようになりました。(ペンネーム:橋場智子様)

我が家には3才になる女の子がおり、発達障害の疑いがありますので、タイトルにひかれて購入しました。うまくしつけができなかったからです。内容はとても良く、発達障害の子供を持つ母親に是非読んでほしいです(ペンネーム:匿名希望様)

わかりやすく、理解しやすく子育ての勉強になりました(ペンネーム:匿名希望様)

1番最後の付録のページに、1冊分の内容が凝縮されていて、一目で見える範囲にまとめてあったのが、とっても良かったです。大切な部分が赤字になっているのもいいなと思いました。(ペンネーム:匿名希望様)

とても読み易かったです。発達障害疑いの娘の子育てに行き詰まり、本書を買ってみました。どうにか娘を正そうと頑張っていましたがこの本に出合えてよかったです(ペンネーム:匿名希望様)

言葉をかける時にどの様にしたら理解してくれるのか悩んでいたので、とても勉強になりました(ペンネーム:匿名希望様)

イラストなどがあってわかりやすい。価格はもう少し安いと助かる(ペンネーム:匿名希望様)

内容がわかりやすかった(ペンネーム:匿名希望様)

本の大きさがちょうどよい。手に取りやすい、持ち運びやすい。内容もわかりやすくよかった。(ペンネーム:匿名希望様)

価格は少し高く感じましたが「ちゃんと伝わる」のタイトルに魅力を感じました。内容も私が知りたかった情報がたくさん、NGの例を多く使ってる自分に気づくことができました。(ペンネーム:匿名希望様)

赤で色分けされていた文は、わかりやすく納得。心にひびきました。(ペンネーム:匿名希望様)

ケースや体験談を添えてあることで見やすく、内容が想像しやすくて読んでいてのめりこみました。現場で対応するうえですぐに活かしたいです。(ペンネーム:匿名希望様)

言葉がけがわかりやすく説明されていて体験談もありとてもよかった。声をかけるときに考えながらいえるようになった(ペンネーム:匿名希望様)

小2の娘が発達障害だとわかり、いろいろ知りたいので購入しました。今までの言葉がけでは伝わっていなかったことがわかったので、少しずつこの本に手伝ってもらいながら進んでいけたらと思います(ペンネーム:匿名希望様)

文字が多すぎず、具体例が多かったので、よみやすかった。普段、不思議に思っていたことの理由がわかった(ペンネーム:匿名希望様)

関連記事