小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」 (単行本)

小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」
著者 中根克明
ジャンル 教育 > 教育法
出版年月日 2016年12月17日刊
ISBN 9784799105801
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,400円+税
カートに入れる
フォーマット 価格
単行本 本体 1,400円+税
電子書籍 -

目次

第1章 小1・小2・小3はとても貴重で大切な時期
第2章 3年間の読書量で学力が決まる
第3章 後伸びする低中学年の勉強法
第4章 「遊び」をとことん充実させる
第5章 本当に地力のある子に育てていくために

内容

難関校合格者を輩出。教育熱心な親の間で注目を集める作文通信「言葉の森」代表が、家庭教育の現場から「10歳までの本物の勉強法」を発信。
多くの親が焦ってしまうが、低中学年はよく遊び、好きなことを追求するのが大切な時期。勉強は詰め込まず、家庭学習の習慣がつけばいい。ただ、読書だけはたっぷりさせたい。国語力は学力の土台。そして、国語力は読書によって身につくもの。
この時期にたくさん遊んで余力を蓄え、読書で国語力を養った子は高学年から一気に伸びる。学校生活のスタートである「小学校最初の3年間」を、どう有意義に過ごさせてあげるか。まったく新しい観点の教育指南書。この時期に読みたいオススメ本52冊も掲載。

著者プロフィール

中根先生に小学校の頃作文を教えて頂き、中でも中根先生らしさが残っており、また教えてほしいと思いました。(ペンネーム:匿名希望様)

娘が小学校2年生で漢字や算数の計算で日々苦戦しています。本書はもっと大切なことが何かをとてもわかり易く教えてくれました。(ペンネーム:匿名希望様)

小2の娘がいますが、まだ低学年とのんびりしていました。この本を呼んで今の時期が大切なこと。今後の土台を作ることがしれて実行していきたいです。表紙のカバーがとても心にささる言葉になりました。(ペンネーム:M.S様)

親と子のきずな、愛情たっぷり それが一番であることに感動(ペンネーム:匿名希望様)

悩む親にとってこのような考え方も良いという指南書になりました。(ペンネーム:匿名希望様)

「忙しい毎日」を言い訳にして、子供と過ごす時間をないがしろにしていたのではないかと、改めて考えさせられました。どんなことでも子供と一緒に楽しむことで、毎日の生活がもっと豊かなものになるのではと気付かせてくれた本でした。(ペンネーム:匿名希望様)

読書の大切さをあまり知らなかったのですが、自分の子どもの頃を当てはめてみるとたしかにそのとおりだな、と思わせてくれることが沢山ありました。(ペンネーム:M.M様)

子どもにどのように接したらよいかよくわかりとてもよかったです(ペンネーム:匿名希望様)

習い事を何かさせなくてはとあせる夫に呼んでもらいたくて買いました。ずばりの内容でした。(ペンネーム:匿名希望様)

子どもにどのように接したらよいかよくわかりとてもよかったです(ペンネーム:匿名希望様)

タイトルが気になって本を手に取りました。内容も分かりやすかったです。作家さんのほかの本も探して呼んでみようと思いました。(ペンネーム:匿名希望様)

とても役に立ちました。これで1512円はものすごく安いと感じました。正直いうと学力が低いといわれている沖縄へ転勤し、とても私自身焦っていましたが、子どもに合わせてきちんと読書をしようと思いました。(ペンネーム:匿名希望様)

勉強法について書かれていましたが、一番大事なことは子どもの幸福である点をしっかりおさえていたことにとても好感が持てました(ペンネーム:匿名希望様)

関連記事