つまずきやすいところが絶対つまずかない!小学校6年間の計算の教え方

つまずきやすいところが絶対つまずかない!小学校6年間の計算の教え方
著者 安浪京子
ジャンル 教育 > 教育法
出版年月日 2017年04月23日刊
ISBN 9784799105856
判型・ページ数 B5・128ページ
定価 本体1,300円+税
カートに入れる

目次

整数の計算
分数の計算
小数の計算
四則混合計算

内容

計算にはたいていの子がつまずくポイントがある。それは小1の段階からすでにある。たとえば8+6のような繰り上がりだったり。さらに学年が上がれば、2ケタの計算や余りのある割り算など、難所はたくさん。しかし、それをどう教えてあげたらいいか、親も悩む。結果、学校と変わらない方法で教え、子どもはわからない、おもしろくない…。
プロ家庭教師の経験から、子どもがつまずくポイントを知り尽くしている安浪先生。どう教えれば、本当にわかるのか。算数が楽しいと思えるようになるのか。その方法をイチから伝授します。「こう教えればいいのか!」と目から鱗、続出。

営業部おすすめのコメント

計算力は算数のカナメだそうです!

算数といえば、図形問題があったり文章問題があったり多くの人が、そうしたイメージでとらえているはずですよね。
でも、実、最後に求められるのは、計算に対する力(計算力)が必要です。ここでつまずくと、難解な文章問題を解いても最後に計算ミスでアウト! ということになってしまいます。

著者の安浪京子さんによると、子どもは意外なところで引っかかっていて、何でこんな問題が解けないのというポイントみたいのがあるそうです。そんなお子さんのために、ぜひプロが教えるやり方でつまずきポイントを克服してあげてください。

いまさら計算問題なんて思っている親御さんがいましたら、ぜひ試してみてください。お子さんの成績アップにつながりますよ!

(担当:野村より)

著者プロフィール

安浪京子(やすなみ・きょうこ)

算数教育家。中学受験専門カウンセラー。株式会社アートオブエデュケーション代表取締役。
大手中学受験専門塾にて算数講師を担当、生徒アンケートでは100%の支持率を誇る。プロ家庭教師歴約20年。きめ細かい指導とメンタルフォローをモットーに毎年多数の合格者を輩出している。中学受験、算数、メンタルサポートなどに関するセミナーを多数開催、とくに家庭で算数力をつける独自のメソッドは多数の親子から支持を得ている。
『きょうこ先生のはじめまして受験算数』(朝日学生新聞社)、『中学受験 6年生からの大逆転メソッド』(文藝春秋)など、中学受験や算数に関する著書多数のほか、連載、コラムなども多く寄稿。
「AERA with Kids」「プレジデントファミリー」など、教育雑誌でもさまざまな悩みに答えている。