会社では教えてもらえない 生産性が高い人の思考整理のキホン (単行本)

著者 井上龍司
ジャンル ビジネス > ビジネススキル
出版年月日 2017年06月24日刊
ISBN 9784799106143
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,400円+税
カートに入れる
フォーマット 価格
単行本 本体 1,400円+税
電子書籍 -

目次

第1章 頭の中がぐちゃぐちゃ。全然はかどらない!
第2章 どんな仕事もスムーズに進む思考整理のキホン
第3章 「論理的に考える」が一発で身につく!
第4章 アイデアを効率的にどんどん出せる!
第5章 言いたいことがいつでもきちんと伝わる!

内容

シリーズ特設サイトはこちらから

ビジネス基本書「会社では教えてもらえない」シリーズ第3弾!
次から次へと仕事が舞い込んでくると、気がつけば大量の仕事に追われ、頭の中は常にぐちゃぐちゃ…。やみくもに仕事をしていても、質もスピードも落ちるばかり。しかし、仕事ができる人を見ると、大量の仕事を高い質を保ったまま上手にこなしている。しかも決して仕事漬けになっているわけではなく、プライベートも充実させている。
その明暗を分けたのは「どのように思考を整理しているか」だった。大量の仕事をスムーズに回す方法や、論理的な考え方、効率的にアイデアを出す方法やわかりやすいアウトプットに至るまで、思考整理のノウハウを基礎から徹底解説!

営業部おすすめのコメント

時代が求めている「生産性」を高めるための心得とは

世の中に「生産性」というキーワードが語られだして数年が経ちます。就業人口減少、コスト削減等理由は様々あるのでしょうが、1人当たりの作業量、仕事量が多く求められているということです。

「~仕事術」「~フレームワーク」等難易度が高い「生産性を高めるため」に書かれたビジネス書は多くあり、普段「ビジネス書は読まないよ」という方にはなかなか読む気が起こらないかと思います。

本書は『会社では教えてもらえない~キホン』というシリーズであり、仕事術の基本書、入門書で小一時間もあれば読破できる構成と内容量になっておりますが、時代が求めている「生産性」を高めるための心得、具体的なノウハウが簡潔に書いております。実際にビジネス街の書店様以外に郊外店、インショップ店等通常ビジネス書籍があまり強くない店舗での反応がすこぶる良好です。本書から入っていただき徐々に専門性の高い書籍へと移っていただければ、時代の求める「生産性の高い仕事人」になれるのではないでしょうか。


(担当:岡野より)

著者プロフィール

井上龍司(いのうえ・りゅうじ)

1976年生まれ。東京音楽大学を中退後、慶應義塾大学環境情報学部を卒業。 外資系コンサルティング会社であるプライスウォーターハウスクーパース(現在はIBMにより買収)に入社。以後、自動車メーカー、総合商社、都市銀行、生命保険会社など各業界の大手企業における戦略策定や業務改善、システム導入などのコンサルティング業務に長年にわたり従事。
現在は、外資系金融機関において業務改善、システム開発などのプロジェクト管理に携わっている。
一方で中小企業診断士の資格も有し、これまで小売店や理髪店、飲食店などのコンサルティングや人材育成にも携わる。
コンサルティングの仕事を通じて、仕事のスピードアップや品質の向上をもたらす「思考整理」の威力に気づき、その技術を習得し活用している。また、「思考整理」のノウハウをベースにした研修・セミナー(論理的思考力、文書作成など)を多数企画・登壇し、いずれも好評を博している。
経営コンサルタントのスキル向上を目的とした勉強会「Think!Think!Think!」代表も務める。雑誌寄稿も多数。著書に『誰でも使えて成果が出る 外資系コンサルタントの仕事術』(明日香出版社)、『中小企業診断士2次試験 受験生最後の日 3つのドキュメント』『中小企業診断士試験攻略ガイド 待ってろ、診断士!』(ともに共著・同友館)などがある。

関連記事