小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習

新刊

小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習
著者 杉渕鐵良
ジャンル 教育 > 教育法
出版年月日 2017年11月28日刊
ISBN 9784799106617
判型・ページ数 4-6・256ページ
定価 本体1,500円+税

目次

第1章 現役教師だから知っている「小学生の勉強」の真実
第2章 これが、学力を本当に上げる家庭学習です!
第3章 本物の家庭学習〈算数編〉
第4章 本物の家庭学習〈国語編〉
第5章 本物の家庭学習〈理科編〉
第6章 本物の家庭学習〈社会編〉
第7章 楽しんで勉強を続けるために親ができること

内容

学校の勉強は簡単、それだけでは不十分と言われる。低学年のうちから学習塾に通わせるべきか悩む親も多い。しかし実際には、授業内容を100%習得できている子はむしろ少数。計算なら、問題を見た瞬間解ける。漢字なら、お手本なしでスラスラ書ける…。パッとできる「スピード」が大切。それには家庭での徹底反復。「学校で習う→家庭で定着」そのサイクルに入ったら、勝手に学力が上がっていく。35年間、1000人近くを教えた現役教師だからわかる、小学生の勉強の真実!

担当編集者のコメント

勉強嫌いのわが子が勉強好きに!

約3年前に刊行した、杉渕先生の『自分からどんどん勉強する子になる方法』。おかげさまでロングセラーとなりました。本書はその続編的位置づけ。さらに具体的な家庭学習の方法を「決定版」として、すべてお見せしています。

とくに低学年のうちは、とにかく計算と漢字を徹底反復せよ、というのが杉渕先生の主張。本書の制作のスタート時、小1だった息子にお教え通り実践しました。
まあ飽きっぽい、すぐにダラダラの愚息ですが、「1日1分、1問でいい」という先生のやり方なら、まんまと騙されて(?)毎日コツコツ勉強。やがて自分から「もっと難しいのやらせて」と言うように。小2の現在、「おれ、計算得意だから」「勉強好きだし」とのたまっています。

○文など学習塾に行かせるべきか迷っていましたが、家庭での徹底反復のみで十分いけそう。なによりお金がかからないのが素晴らしい!ドリルのコピー代くらいです。
本書をぜひ実践していただければ、お子さんにたしかな学力がつくこと間違いなし!です。

(担当:水沼より)

著者プロフィール

杉渕鐵良(すぎぶち・てつよし)

1959年東京都生まれ。青山学院大学卒業後、東京都の公立小学校教諭となる。板橋区や足立区、離島などの学校を経て、現在清瀬市立清瀬第八小学校に勤務。
子どもの全力を引き出し、ひとりも落ちこぼれさせないことをモットーに行う教育実践から、「教育の鉄人」と呼ばれる。陰山英男氏をはじめ教育関係者、マスコミからも高く評価されている。
楽しい学習=「楽習」として、「10マス計算」や「漢字パドル」など教材を次々開発。また、子どもを飽きさせないために、数分単位で授業内容を変えていく「ユニット授業」も提唱。ユニット授業研究会(略してユニプロ)を主宰し、若手教師達と切磋琢磨し合っている。
著書に『自分からどんどん勉強する子になる方法』『漢字パズル』(以上すばる舎)、『子どもが授業に集中する魔法のワザ!』(学陽書房)、『全員参加の全力教室―やる氣を引き出すユニット授業』(日本標準)他多数。