お知らせ(ハジメ、読んで、やってみた!)

1~3件 (全15件) | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次の3件
  •  第14話 ハジメ、読んで、やってみた! - 2017.10.31

    片づく! 見つかる! スピーディー! [完全版]超ファイルの技術

    めっきり気温が低くなり、すっかり落ち着いた季節になってきましたね。
    皆さんはどうお過ごしですか?

    ども、ハジメです。
    それはそうと季節とは裏腹にボクのデスクは全く落ち着いていませんで…

    さすがに部長の目にも余ったようで、こっぴどく怒られた挙句、1日で片づけないといけない羽目になりました…

    トホホー。

    この惨状を1日でどうしろと…

    そういや、こんな本があったっけ?

    『片づく! 見つかる! スピーディー! [完全版]超ファイルの技術』

    ついつい必要そうな資料をデスクに積んでしまうのがクセで、この現状があるわけですが、「ファイル」で分類整理すれば何とかなるのかな…
    でも、結構ファイルしただけで満足しちゃって、どこにしまったか分からなくなることありますよねぇ?

    (ペラリ)

    ふむふむ、この『WI(ダブルインデックス)ファイル』というのがキモかぁ。

    ファイルにインデックスをつけて整理しやすくするのは分かるけど、それが「ダブル」となると…?
    単純に50音順に並べりゃいいだけの話じゃないの?

    『――百科事典式の50音順は、単品の資料を検索するときはスムーズだが、あるテーマに関連するたくさんの資料を一度に取り出すときは、逆に時間がかかったのだ――』
    『――系統別(分類)の場合は、関連する資料が隣にある――』
    『――だが分類作業はそんなに簡単ではない。どうしても「分類不能ファイル」や「迷子ファイル」に悩まされるものだ――』

    な、なるほど……!
    フカイ!
    確かに片づけるだけなら、50音順に並べるのが一番だけど、またそれを使うことまで考えるとなぁ。
    それをまた片づけるとなると、『ア』のファイルがこっちで、『ト』のファイルがこっちで、『ス』を忘れてた!、とか色々メンドクサイ。

    分類が簡単で、資料を取り出しやすく、すぐに片づけることが出来るのが『WIファイル』と言うことね。
    ふーん。

    今回は推奨されているコクヨの「グルーピングホルダー<KaTaSu>(ポケットタイプ)」を使います。

    パッと見、普通のクリアホルダですが、実は袋状になっています。

    これに、関連する資料をガバガバッと入れてけばいいのね。
    紙の書類だけじゃなくて、CDとか記憶媒体とかもそのまま入れられますね。

    では、まずメインインデックスを書きます。

    書き入れる時はカタカナで。
    50音順で並べやすくなります。

    次にサブインデックス。

    さぁ、これで「入れもの」は出来ました。

    あとはガバガバ入れるだけ!
    よーし!

    (数時間後)

    で、出来た…

    で、でも、いらないものを捨ててったら、大してファイルするものが残らなかった…

    これはもう、「整理ベタ」と言うより「捨てベタ」と言うべきか…

    ま、まぁ、これからはファイルするクセをつけとけば、「資料の山」は出来ないわけで…
    取りあえず大雑把にファイルに放り込むという手法はボク向きかも。
    ブックスタンドに差し込んでおけば、必要なときはすぐに取り出せますしね。
    インデックスを2つ付けるだけで、そんなに難しいこともないので皆さんも是非!

    んー、今回はあまり「やってみた」になってないなぁ…

    関連書籍はこちら

  •   第13話 ハジメ、読んで、やってみた! - 2017.05.19

    CD付 英語で10秒 こんなに話せる! 練習帳

    はうあーゆー?

    あいむふぁいん、せんきゅう!

    ども、ハジメです。

    てなわけで、今回はコチラ!

    『CD付 英語で10秒 こんなに話せる! 練習帳 』

    今回は英語の授業が3度の飯を抜かれるより辛かった青春を送ったという後輩君にやってもらいましたよ!

    文章を読みながら、英語の音声を聞きとるという体のこの本。
    二人の話者の会話、その内容をまとめた文章、そして、それと似た文章の流れるような英語を聞くことによって耳が慣れ、発音が覚えられるって寸法になってます。
    欄外には『ボキャブラリーを増やそう!』ということで、本の中で使われている英語表現の日本語訳も載っていますね。
    ……うーん、分かりやすい。
    確かに、ちゃんと読めば、「10秒」くらい英語が話せそうです。

    さぁ、後輩君、今日から1週間、君はこの本で英語漬けになるのだ!
    ん?
    ……えーい、つべこべ言わずにさっさと本を手に取り、英語の奔流にその身を任せてしまえい!

    (1週間後)

    さてさて、あれから1週間。
    後輩君、首尾はどうかな?
    んー?
    あれから? 3~4回は聞きながら、読み通したと?
    まぁ、多いとは言えないまでも、よく読んでいるといったところかなぁ。
    読んでみた感想はどう?
    ふむふむ。
    最初は? 英語の音声が速すぎて戸惑ったけれど? だんだん慣れて2回目からはそこそこ聞き取れるようになったと。
    なるほど。
    結構効果の程はありそうですね。

    さて、後輩君。
    実は今、人を待たせていてね。
    ん?
    なんだい? その戸惑った顔は?
    実際に「10秒」、「英語」で「話し」てみなきゃ、「やってみた」ことにはならないだろう?
    ……えーい、四の五の言わずに来るんだ!

    今回、ご協力いただいたマリー先生。
    フィリピンから来られて滞日10年以上。某語学学校で英語の講師をしておられます。
    どーもー、ヨロシクお願い致しますー。

    さ、後輩君、自己紹介をしたまえ。
    おおっと、日本語ダメヨ。のーじゃぱにーずネ。

    My name is ……

    (お、しゃべれてる!)

    My first name means “teaching”.

    (え? え? 何て言ってんの?)

    My father wanted me to become a teacher.
    Because my grandfather was a teacher.
    But I didn’t become.

    (な、何か、楽しそうに話してるけど、面白いことでも言ってんのかな?)

    (1時間後)

    え、えーと、後輩君の英語って、ぶっちゃけどうでした? マリー先生?
    ほ、ほう!
    結構「英語」を話せていたと。ボキャブラリー、語彙力があれば、もっと良くなる?
    な、なるほど!
    確かに短期間じゃ、語彙力までは鍛えられないもんなぁ。
    でも、まるで駄目でも1週間程度である程度話せるようになるんだなぁ。
    えーと、後輩君、君はどう?
    語彙力に関しては、自分でもそう思う?
    ふむふむ。
    でも? 文法を意識しないだけで? 大分話せるようになったと思う?
    ほうほう。
    確かに本では文法に関しては、特に触れられてないなぁ。結構、それがいいのかもしれないですね!

    語彙に関しては、今はスマホで簡単に調べられますし、とにかく「話す」ってことに関してはそんなに身構えることじゃないのかも。 英語を話すときのハードルを下げるには、この本を読んでみるのもいいかもしれませんね!

    で、なんで君はさっきからジト目でニラんでくるんだい? 後輩君。

    関連書籍はこちら

  •  第12話 ハジメ、読んで、やってみた! - 2017.04.24

    健脚寿命を延ばして一生歩ける体をつくる!

    お日柄もよい今日この頃。
    陽気に眠気が誘われる毎日を過ごしております。

    ども、ハジメです。

    気温も日々高くなってきて、ついつい出歩きたくなる季節ですよね。
    そこで今回取り上げるのがコチラ。

    『健脚寿命を延ばして一生歩ける体をつくる!』

    皆さんは股関節や、膝、腰に痛みを感じたりすることはありますか?
    ちょっと歩くのが億劫だなぁなんて思ったりすることもあったりして。

    ボクはと言えば、そういうことは無いんですけどネ!

    ただ、日常生活の中で股関節にかかる負担って、相当なものがあるらしく、本によると歩いているだけで、何と体重の3~4.5の負荷がかかるとか!
    ちょっとした痛みでも放置していると、ただ立っていることもままならない状態に陥る危険性もあったりするそうで……

    今回取り上げる本では、そんな事態を回避して、長く歩き続けられるために日々やっていけるいろんなことが提案されてるんです。

    とは言え、ボク自身には差し迫った事情は無いんですよねー……

    そこで、今回は上司(女性)に色々やってもらうことにしましたよ!

    去年、海外の展示会に出張に行ってきてから、結構ツラそうで。
    なんでも、配られた資料を山ほど抱えて、高いハイヒールで会場中を駆けずり回ったんで、足腰に結構なダメージがキテルんだとか。

    (こんなの)

    でも、部長。
    そもそも、なんでこの本を?
    そこそこな御歳の方向けの本かなーと思ってたんですけど…?
    (イタッ)

    フムフム
    なるほど、もともとお父様がお読みだったんですね。
    いやぁ、会社冥利につきます!
    それで、とりあえず私もと手に取ってみたら、自分に当てはまることばかりだったと。
    も、もちろん年齢以外ですよね(汗)

    で、やっぱり例の展示会からダメージがキテルんですか?

    ほうほう
    以前から、旅行から帰ってくると股関節に痛みがあったんですか。
    マッサージ、整骨院に通ってもピンと来なかったと。
    なるほどー。
    展示会は4日間でしたっけ。
    その間、重い荷物を持って歩き通しじゃ、確かにツラそう……

    病院とか行かれなかったんですか?

    へー、展示会の後、股関節の痛みが長引いて?
    それでようやく病院ですか。
    レントゲンを撮ってもらったら、先天性のものだと。
    最悪手術!?
    うぁ~

    それって、今回の本の序章で触れられている女性の例と同じヤツですよね。
    股関節痛が悪化して歩くどころか、立ったり座ったりもままならなくなって、家に引きこもり気味になってしまったという……

    それで、今回やってみることになった、てことなんですね!

    本では、いわゆる「健脚寿命」に重要な要素として、「筋肉」「栄養バランス」「睡眠」の3つが挙げられていましたよね。
    そのあたりはどうなんでしょ、部長?

    一番問題ないのは「睡眠」ですか?
    何もなきゃ、4~6時間は寝てるし、寝つきも良いと。
    どーでもいいけど、「悪い奴ほどよく眠る」って映画がありましたよね。
    (イテッ)

    「栄養バランス」は、ボクもヒトのコトは言えないですけど、部長なんかお菓子が主食ですよね!?
    一応、フルーツやら野菜ジュースを摂ってバランスを保つ努力をしていると。 フムフム。

    「筋肉」も弱点っちゃ、弱点ですよね。
    一時、えらく気合を入れて筋トレやってましたけど、あっというまに飽きちゃいましたよね。
    え? 今90ページに載っているトレーニングを今やってるんですか?
    (パラリ)

    なるほど、このゆるそうな感じだと、部長でも続きそうですね。
    (イテッ)
    10回1セットを各3セットってのが、通常だけど、時間がかかるから30回を1セットに?
    それだと一時に股関節への負荷が掛かっちゃいません?
    でも?
    続けられているから?
    大丈夫?

    なんでも持続が大切ですからね!
    まー、せいぜい頑張ってくださいね、部長。
    (イタッ)
    蹴らないで!
    股関節に響きますよ!

    関連書籍はこちら

1~3件 (全15件) | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次の3件